2010年06月18日

<口蹄疫>血液検査再び陰性 エース級種牛5頭(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫問題で、農林水産省と県は12日、国の特例措置で西都市に避難させたエース級種牛5頭について、再度実施した血液抗体検査の結果が陰性だったと発表した。移動制限区域(発生地から半径10キロ)内の農家2戸の家畜にも異常は見られないため、避難先の牛舎を中心とした移動制限は13日午前0時に解除される。

 一方、農水省と県は同日、新富町の農家で新たに感染疑いのある豚が確認されたと発表した。288例目。ワクチン接種していた。関連農場を含む計3304頭を殺処分する。

【関連ニュース】
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:コブクロ、今井美樹さんらと共同で宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎など3市、埋却作業終了
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖

20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
【風】世界相手に闘志見せて(産経新聞)
<SFCG>元社長ら本格捜査へ 資産流出の疑い…警視庁(毎日新聞)
郵政法案、臨時国会で成立を=前原国交相(時事通信)
民主・介護議連、従事者の待遇改善や医療的ケア解禁を提言(医療介護CBニュース)
posted by モロズミ カツユキ at 14:10| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

<菅首相>「官僚の経験、知識は活用」鳩山政権の反省踏まえ(毎日新聞)

 菅直人首相は9日夜、官僚との関係について「官僚の経験、知識は大いに活用し、私たちは国民が作った内閣に送り込まれた大臣、副大臣、政務官として判断する」と述べ、連携して政権運営に臨む考えを示した。官僚たたきに走りがちで、官との連携が十分ではなかった鳩山政権の反省を踏まえたものだ。ただ一方で、「(官僚は)自分たちの役所のことや、せいぜい自分の任期のことで何とかという発想をする。そこの見方は変わっていない」と苦言も呈した。

【関連ニュース】
毎日新聞世論調査:菅内閣の高支持率 民主に早期参院選論
荒井戦略相:事務所費問題 菅首相「進退問題に発展せず」
毎日新聞世論調査:菅内閣の支持率が66%の高率に
菅首相:「小沢流選挙」修正に乗り出す 実行不確実な面も
菅首相:「ぶら下がり取材」 1日1回に削減を提案

鳩山前首相、在職は266日(時事通信)
<学テ>全員参加方式望む声も 専門家会議が初会合(毎日新聞)
「援デリ」少女、半月で35万円超稼ぐ 経営者ら逮捕
日光東照宮など5億円の申告漏れ…国税指摘(読売新聞)
顔の傷害等級、男女差見直しへ…違憲判決で厚労省(読売新聞)
posted by モロズミ カツユキ at 22:38| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

お金を貸してくれないかも……企業の約5割が「倒産の増加」を懸念(Business Media 誠)

 借り過ぎ・貸し過ぎを防止する総量規制やグレーゾーン金利の撤廃などを定めた改正貸金業法。2010年6月18日に完全施行されるが、この法改正のメリットはどこにあるのだろうか。企業に聞いたところ「過剰貸し付けの抑制」(54.5%)が最も多く、次いで「多重債務者の減少」(49.0%)、「上限金利の引き下げ(グレーゾーン金利の撤廃)」(46.2%)であることが、帝国データバンクの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 一方のデメリットは「緊急の少額借入の困難化」(50.7%)と答えた企業が最も多かった。法改正により、個人事業主あるいは法人企業のいずれかの倒産が増加すると考えている企業は48.6%に達した。業種別に見てみると「金融」は53.1%となり、過半数が「倒産の増加」を懸念しているようだ。また約3割の企業は「消費の低迷を助長」(29.3%)と、経済への悪影響を懸念していることがうかがえた。

 企業からは「長期的には高金利の貸出の排除は個人破産の抑制につながり、社会的にも自殺防止によい」(ソフト受託開発)や「過度な価格競争を避け、デフレ脱却のためにも必要」(冷凍調理食品製造)という声のほか、「短期的には消費は後退するが、長期的には消費の健全化につながる」(労働者派遣)といった、長期的なメリットを挙げる企業が目立った。その一方、「病気や学費、冠婚葬祭等の緊急のお金に対する対応が困難となる」(建設)や「受注が目前にあっても、当座の資金に困窮するため機器などの購入が困難になる」(建設機械卸売)など個人・企業双方の緊急時の借入困難化を指摘する意見が多かった。

●貸金業者からの借り入れ、「ある」は3.7%

 消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者からお金を借りている企業はどのくらいあるのだろうか。「借り入れている(借りていたを含む)」と答えた企業は3.7%。企業規模が小さくなるほど借り入れを経験している企業は多くなり、「小規模企業」では6.6%に対し、「大規模企業」は2.2%。また業界別で見てみると「不動産」(9.0%)が最も多く、次いで「サービス」(6.6%)、「小売」(5.8%)と、内需関連業界で借入経験を持つ企業が目立った。

 法改正によって、自社の資金繰りに影響があるという企業はどのくらいあるのだろうか。「影響がない」と答えた企業は85.1%に対し、「影響がある」は3.0%。規模別に見てみると「小規模企業」は5.0%となり、「大企業」(2.3%)を2.7ポイント上回った。また貸金業者から借入経験のある企業では、18.5%が「影響がある」と回答した。

 調査期間は2010年5月20日〜31日で、1万806社が回答した。【土肥義則】

【関連記事】
『闇金ウシジマくん』の関係者が語る、“優しい闇金”の真相(前編)
あなたのそばにいる“優しいヤミ金融”……その実態は?
あなたもお金が借りられなくなる? 法律が招いた“優しいヤミ金”

民主選対委員長に安住氏内定(時事通信)
【こども】「手足口病」 近年で最多ペース(産経新聞)
元選対幹部の控訴棄却=民主小林氏陣営の選挙違反事件―札幌高裁(時事通信)
<国道2号騒音訴訟>原告被告とも控訴 広島高裁に(毎日新聞)
新幹線点検基地の地図見返り、パー券購入を依頼(読売新聞)
posted by モロズミ カツユキ at 03:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。