2010年03月06日

首相への意欲「全くない」=仙谷氏(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相(64)は1日午前、ラジオ日本の番組に出演し、自身が鳩山由紀夫首相の後継を目指す可能性について、「この年だからほとんどというか、全くと言っていいほどない」と述べ、意欲を否定した。同時に「(10歳若ければ)やろうと思って準備したかも分からない」とも語った。 

【関連ニュース】
国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に
税優遇のNPO法人を拡大=仙谷氏
政治とカネ「どこかでけじめを」=仙谷氏
NPOへ寄付、税額控除式に=首相が検討指示
市民公益税制の議論加速へ=「今国会中にも」

<恐喝>小6男児3人、同級生から現金脅し取る 愛知(毎日新聞)
大西洋クロマグロ、ワシントン条約で禁輸の危機(読売新聞)
常務ら9人処分、再発防止策も=架線切断、新幹線停止で−JR東海(時事通信)
東京マラソン 雨の中のレース 3万182人が完走(毎日新聞)
<放浪記>5月5日からの公演中止、森光子さんの体調に配慮(毎日新聞)
posted by モロズミ カツユキ at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「補償費肩代わり」認定へ=沖縄返還、密約断定はせず−有識者委(時事通信)

 日米間の四つの「密約」を検証している外務省の有識者委員会が近く公表する報告書の概略が3日、分かった。1972年の沖縄返還の際、米軍基地跡地の原状回復補償費400万ドルを日本側が肩代わりする取り決めがあったとされる問題については、米国の公文書や関係者の証言などから「肩代わりの事実があった」と認定。ただ、根拠となる日本側の文書が見つからなかったため、「密約とは断定できない」と結論付ける。
 71年に結ばれた沖縄返還協定は、日本政府が米側の財産買い取りのため3億2000万ドルを負担する一方、土地の原状回復のための400万ドルの支払いは米国の義務とすると定めた。
 しかし、原状回復費を日本側が負担するとした文書が米国で発見され、当時交渉に当たった吉野文六・元外務省アメリカ局長のイニシャルが記されていた。検証作業の結果、最終的に400万ドルは日本が負担した3億2000万ドルに含まれていた可能性が大きいことも分かり、有識者委は肩代わりは事実だったと判断した。
 ただ、吉野氏の署名入り文書は日本側の調査では見つからなかったことから、報告書は関連文書が破棄された可能性に言及する。 

【関連ニュース】
「歴史の歪曲はマイナス」=政府に公開促す
秘密文書「イニシャルでサイン」=外務省元局長、存在認める証言
日米密約をめぐる動き

<母殺害>一転起訴 懲役10年判決 東京地裁(毎日新聞)
補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で−地域主権会議(時事通信)
娘とhideさんに届け「骨髄移植に理解を」 両親がチャリティーライブ企画(産経新聞)
冷静・的確な尋問 検察・弁護側ともに評価 裁判員 鳥取地裁(産経新聞)
【ニッポンの食、がんばれ!】大豆レボリューション(産経新聞)
posted by モロズミ カツユキ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。