2010年05月21日

野良猫訴訟、加藤九段が控訴意向「給餌続けたい」(読売新聞)

 住民同士の対立は続くことになりそうだ。

 東京都三鷹市の集合住宅の住民17人と管理組合が、同じ集合住宅に住む将棋の元名人・加藤一二三(ひふみ)九段(70)を相手取り、野良猫への餌やりの差し止めなどを求めた地裁立川支部の民事訴訟。13日の判決は「(敷地内で)猫に餌を与えてはならない」と、管理組合の動物飼育禁止条項などを根拠に原告に軍配を上げ、加藤九段に慰謝料計204万円を支払うよう言い渡した。控訴の意向を示した加藤九段は、「敷地外ではいい、ということだ。これからも猫の命がある限り、給餌を続けたい」などと述べた。

 判決などによると、加藤九段が住む集合住宅は2階建てのタウンハウス形式。壁を接して5世帯が入居する建物が2棟あり、計10世帯が住んでいる。

 訴状などによると、加藤九段は1993年頃から自室の玄関先などで野良猫に餌をやり始めた。鳴き声や猫の排せつ物、悪臭に悩まされた近隣住民が、餌やりをやめるよう加藤九段に再三求めてきたが、応じなかったため、2008年11月、提訴に踏み切った。

 判決では、加藤九段の餌やりによって猫が住みつき、ふん尿や鳴き声のほか、住民の自動車に傷が付くなどの被害を認定。餌やりを始めた時期についても、「02年頃」とした加藤九段の主張を認めず、原告らの訴え通り「93年頃」とした。

 また、判決は加藤九段が猫への不妊去勢手術やトイレ設置などの対策を取った点について、「動物愛護の精神に基づき、少しずつ(住民らが協力して野良猫を減らす)地域猫活動の理念に沿うものになってきた」と評価。しかし、近隣住民との話し合いの場に出席せず、与え続ければ猫が寄ってくることを知りながら餌やりを続けた点などを問題視し、「限度を超え、原告らの人格権を侵害する」とした。

岡田氏、ヘリ近接に懸念 外相会談、中国は非難「行き過ぎ」(産経新聞)
重体の女子生徒が死亡=中学校校舎から転落―警視庁(時事通信)
「乗合来店型」で賢く保険選び 数社で比較可 中立的なアドバイス(産経新聞)
突風 架線にトタン屋根 名鉄線41本が運休 岐阜・笠松(毎日新聞)
<住居侵入>疑いで男逮捕 パチンコ玉でガラス割り 福岡(毎日新聞)
posted by モロズミ カツユキ at 15:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

徳之島3町長「反対を首相に伝える」1千人が壮行(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、政府が分散移転先として検討している鹿児島県・徳之島の3町長は6日午後、翌日に行われる鳩山首相との会談に向けて上京した。

 徳之島空港前で開かれた壮行会には島民約1000人が集まり、3町長は「反対の民意を首相に伝える」と固く約束した。

 壮行会は3町長や地元商工会など約60団体でつくる「徳之島への米軍基地移設反対協議会」が企画。島民に参加を呼びかけたところ、予想をはるかに上回る人数が集まり、空港前の道路は「町長さんがんばって」「徳之島の想いを伝えて」などと書かれたプラカードを持つ島民であふれた。

 3町長は約2万6000人分の名前が書かれた分厚い署名用紙を受け取ると、マイクを手に決意表明。大久保明・伊仙町長は「徳之島に基地を作ることは最初からあり得ない話。7日は最初から最後まで『島には基地を絶対作らせません』と何回でも言う」。大久幸助・天城町長、高岡秀規・徳之島町長も「反対の民意をしっかり伝えてくる」などと声を張り上げた。

 3町長は6日夜、鹿児島空港経由で羽田空港に到着。東京都内でも島出身者による激励会が開かれた。

<トキ>2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡(毎日新聞)
<高速増殖炉「もんじゅ」>臨界到達(毎日新聞)
女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
<谷亮子氏>参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
コンビニ強盗、店員が説得→逃走 大阪(産経新聞)
posted by モロズミ カツユキ at 13:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。