2010年01月28日

台湾からの鳥肉輸入停止=農水省(時事通信)

 農林水産省は22日、台湾からの鳥肉類の輸入を停止したと発表した。同日、台湾農業委員会から鶏で弱毒性の鳥インフルエンザ(H5N2亜型)が発生したとの報告があったため。
 農水省によると、日本が台湾から輸入している鳥肉類は2008年度で4348トンで、輸入全体の約0.6%にとどまる。カモとアヒルの肉に限ると、台湾からの輸入シェアは約8割を占めるが、冷凍在庫があるほか他国からの代替輸入も可能なため、大きな影響はない見込みという。 

【関連ニュース】
インフル新薬、強毒ウイルスにも効果=タミフル耐性株でも
韓国からの鶏肉輸入を停止=農水省
宮内庁鴨場で鳥インフルの疑い=高病原性の可能性も
〔地球の風景〕鳥インフル対策は砂上の楼閣?

普天間移設問題 辺野古を“分断” 基地争点「これで最後」(産経新聞)
半日後にがれきから遺体 女性はねた容疑で男逮捕(産経新聞)
強盗致傷などで山口組淡海一家の幹部ら11人逮捕(産経新聞)
歯科改定率、「合格点じゃない」―東京歯科保険医協会(医療介護CBニュース)
普天間、移設先自治体の合意いらず…官房長官(読売新聞)
posted by モロズミ カツユキ at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。