2010年03月31日

伊調千春さん 故郷・青森の高校教諭に(毎日新聞)

 アテネ・北京両五輪の女子レスリング銀メダリスト、伊調千春さん(28)が4月から、故郷の青森県立八戸西高(八戸市)で保健体育教諭として教壇に立つことになった。30日に記者会見し、「教員としての仕事が最優先。生徒には一期一会の大切さ、最後の1秒まであきらめないことを教えたい」と抱負を語った。一方で「心の奥底にはロンドンがあります」と次の五輪への意欲ものぞかせた。

 伊調さんは中京女子大出身。2大会連続金メダルの妹馨さん(25)とともにレスリング姉妹として知られる。昨年実施の採用試験に合格し、今月23日に赴任先が決まった。【三股智子】

【関連ニュース】
レスリング:日本は3大会連続3位 女子国別対抗戦・W杯
レスリング:日本は3位決定戦へ 女子国別対抗戦のW杯
北京五輪:第9日(16日)の見どころ
五輪レスリング:伊調馨は「金」 浜口は「銅」
五輪レスリング:浜口「アテネより濃い銅」

<高校無償化>朝鮮学校排除に反対 市民ら集会 東京(毎日新聞)
普天間の継続使用も=有事限定を想定−鳩山首相(時事通信)
「ヤミ専従」北海道開発局4119人処分へ(読売新聞)
英社ワクチンの3割解約=新型インフル、257億円分−厚労省(時事通信)
「たたかれても決断」=平野官房長官−普天間問題(時事通信)
posted by モロズミ カツユキ at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。